金利と債券の価格の関係

外国債券

債券の価格を動かす要因の1つに金利があります。
発行されたときより世の中の金利が上がると債券の価格は通常下がります。反対に発行時より世の中の金利が下がると債券の価格は通常上がります。

債券の多くは発行時から償還まで利率が変わらない固定金利型の債券です。しかし、世の中の金利が上がると、新しく発行される債券の利率は上がるので、購入した債券の魅力は薄れ債券の価格は下落します。
一方で、世の中の金利が下がっても、発行時の金利は変わらないので、保有している債券の魅力が高まり、債券価格は上昇します。

こうした仕組みを利用すれば、中途売却で利益を得ることもできます。
しかし、将来の金利動向をつかむのは難しいので、安定した運用を期待する人は、償還まで保有し利息収入を得るのが適切でしょう。

債券の金利