商品先物取引の意義

商品先物取引

商品先物取引は社会の公器として、重要な役割があります。

リスクヘッジ

資源の大半を海外で買い付け輸送している日本の商社は、輸送の間にモノの値段が大幅に下がって損をするリスクを抱えています。そこで商社は、買い付けと同時に先物市場で売り建てることにより、売却価格を固定して価格変動リスクをヘッジ(回避)しています。

資産運用の場の提供

先物市場は、価格変動リスクを避けたい商社のような参加者のためだけにあるのではありません。価格変動を利用して差金決済の方法で、資産運用を行っている個人投資家もいます。

公正で透明性の高い価格の形成

このように、先物市場では様々な思惑を持った多数の買い手と売り手が、明確なルールのもと、公開の市場において競り合っているため、公正で透明性の高い価格が形成されています。