お知らせ

お知らせ

2016/12/05 外国債券

S&Pによる南アフリカ共和国の格下げについて

平素は格別のお引き立てをいただき厚く御礼申し上げます。

さて、12月2日付にてS&Pグローバル・レーティング(以下「S&P」)より、南アフリカ共和国の格下げの発表がありましたので、その内容につきご報告申し上げます。

南アフリカ共和国の格下げの内容

(2016年12月2日現在)

S&P
変更前 変更後
自国通貨建て長期債格付 BBB+ BBB

※アウトルックは「ネガティブ」。外貨建ての格付けは変更なし(BBB-)。

南アフリカ共和国の格下げの理由

  • 不安定な政治状況のため、経済成長に向けた改革が進んでいない。
  • 低成長が同国の財政赤字をはじめとする債務問題全般を深刻なものにする悪循環に陥っている。

※今回のS&Pが公表した格付は無登録格付となります。無登録格付の説明につきましては、「無登録格付に関する説明書」をご参照ください。