金利相当額・配当相当額の受け払いが発生

株365

「株365」の金利相当額は、保有建玉をロールオーバーすることで金利相当額の受け払いが発生します。
また、配当相当額は、権利付最終日に建玉をロールオーバーした場合に株価指数ベースで配当金が発生します。
  買い建玉 売り建玉
金利相当額 支払い 受け取り
配当相当額 受け取り 支払い

金利相当額とは

「金利相当額」とは、『「株365」の買い建玉を持つ場合に投資家が支払い、売り建玉を持つ場合に投資家が受け取るもの』で、いわば買い手にとっては、株価指数を構成する銘柄を保有することに伴う資金調達コストに、一方売り手にとっては、同じ銘柄を売却することに伴う資金運用益に相当します。

店頭市場で行われているCFD取引の多くは、この投資家が受払いする金利相当額が、以下のように設定されています。
(買い建玉を持つ投資家が支払うべき金利相当額)>(売り建玉を持つ投資家が受け取るべき金利相当額)
しかし、「株365」ではこの金利相当額を受取側と支払側で同額(一本値)に設定しています。また、金利相当額の算出には、日本銀行の政策金利である無担保コール翌日物誘導目標を利用するなど、投資家の皆さまにもわかりやすい商品設計としています。

1枚あたりの金利相当額の算出方法

金利相当額=清算価格×100×政策金利×日数/365

配当相当額とは

通常、現物株を保有する、いわゆる株主には企業からの配当金が付与されますが、「株365」においても、買い建玉を保有する場合、株価指数の構成銘柄に配当があればその都度、株価指数ベースでの配当相当額が付与されます。反対に、売り建玉を保有する場合は株価指数の構成銘柄に配当があればその都度、株価指数ベースでの配当相当額を支払うことになります。
※DAX®証拠金取引については、配当相当額が発生しません。
※現物株を保有する株主に与えられる「株主優待」は、「株365」には適用されません。

配当相当額の算出方法