注文の種類

株365

株365では、成行注文、指値注文をはじめ多彩な注文方法をご用意しています。

成行注文

価格を指定せずに、取引銘柄と取引数量のみを指定して売買する注文発注手法ですぐに注文を出せて、売買も成立しやすいという特徴があります。
成行注文
ページ上部へ

指値注文

指値注文とは、売買注文時に、「いくら以下なら買いたい、いくら以上なら売りたい」というように売買価格を指定する注文方法です。
例:これから上昇すると思うが、もう少し安くなってから買いたいので、事前に買う価格を指定しておきたい。
指値注文
ページ上部へ

トリガ注文

「△△円(図:A箇所)になったら○○円(図:B箇所)で指値(成行)注文を出したい」と条件価格を設定して発注する方法です。
「売買したい価格」と「発注の条件となる価格(トリガ価格)」の二つを入れて発注します。
例:相場が上昇、下落どちらに動くか分からないので、トレンドを見極めて取引したい。
トリガ注文
ページ上部へ

OCO(オーシーオー)注文

指値、トリガ(成行)の二つの注文を同時に行う注文手法です。二つのうちどちらかが約定したら、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。
例:すでに買いポジションを保有しているが、もう少し上昇してから決済したい。でも、下落したときに備えて、損失を限定させる注文も同時に出しておきたい。
OCO(オーシーオー)注文
ページ上部へ

IF Done(イフダン)注文

IfとDoneの二つ種類の注文を同時に発注し、If注文が約定したら、Doneの注文を自動的に発注する手法です。
ただしIf注文が成立しない限り、Done注文は発注されません。
例:今後上昇すると思うが、もう少し安くなってから買いたい。また、決済の注文もあらかじめセットで出しておきたい。
IF Done(イフダン)注文
ページ上部へ

IF Done OCO(イフダンオーシーオー)注文

If注文が約定した後のDone注文を、OCO注文(指値、トリガ<成行>同時に発注)にする注文手法です。
「△△円(図:A箇所)になったら買う」If注文を出しておき、もしその注文が成立したら「○○円(図:B箇所)になったら利益確定のために売る」「□□円(図:C箇所)になったら損切りのために売る」と、OCO注文の形で自動的に発注(Done)することができます。
例:もう少し安くなってから買いたい。また、利益確定の注文と損失限定の注文もあらかじめ出しておきたい。
IF Done OCO(イフダンオーシーオー)注文
ページ上部へ

ストリーミング注文 ※コンサルティングコースではお取扱できません

常時更新されている買い気配、売り気配のいずれかをクリックすることで、相場の実勢に沿う形で約定させる注文手法です。
例:買い気配、売り気配を見ながら素早く発注したい
ストリーミング注文

建玉整理

両建てとなっている同枚数の売り建玉と買い建玉を、売気配値と買気配値の仲値で決済します。