取扱株価指数

株365

日経平均株価(日経225)

地域
アジア
国名
日本
特徴
日本を代表する株価指数
概要
東京証券取引所第一部に上場する株式銘柄のうち、株式市場を代表するものとして株式会社日本経済新聞社が決定した225の銘柄を対象とする、その指数採用株価の合計を「除数」で割って算出される株価指数
基準日
1949年5月16日
基準日における指数値
176.21円

取引概要

取引単位 呼び値 最小変動幅相当額 基準価格に対する注文受付可能幅
株価指数の数値 ×100倍 1ポイント 100円 買指値/売トリガー 売指値/買トリガー
基準価格
+1,000ポイント
基準価格
-1,000ポイント
1注文あたりの発注上限枚数は500枚です。
基準価格は原則として、マーケットメイカーが提示する最優良売呼び値と最優良買呼び値の中間値です。
「基準価格に対する注文入力可能値幅」は、市場実勢から大幅に乖離する価格での注文を、誤入力防止の観点から制限する仕組みです。すなわち、注文入力可能値幅を超過する投資家にとって不利な指値注文(高い買指値注文、低い売指値注文)、トリガー注文(高い売トリガー注文、低い買トリガー注文)は受付けません。

値幅制限

日経225証拠金取引は、原資産の株式市場と同様に、1日の価格の変動幅を上下一定の範囲に制限する制限値幅が設けています。前取引日の清算価格を基準として、その水準に応じて制限値幅の範囲が定められています。
前取引日の清算価格 制限値幅の範囲
7,500円未満 上下1,000円
7,500円以上10,000円未満 上下1,500円
10,000円以上12,500円未満 上下2,000円
12,500円以上17,500円未満 上下3,000円
17,500円以上22,500円未満 上下4,000円
22,500円以上27,500円未満 上下5,000円
27,500円以上32,500円未満 上下6,000円
32,500円以上37,500円未満 上下7,000円
37,500円以上42,500円未満 上下8,000円
42,500円以上 上下9,000円

取引時間・休業日

付合せ開始時刻 付合せ終了時刻
米国ニューヨーク州
サマータイム非適用期間
午前8:30 翌暦日午前6:00
米国ニューヨーク州
サマータイム適用期間
翌暦日午前5:00
米国ニューヨーク州サマータイム適用期間は3月第2日曜日~11月第1日曜日を指します。
休業日
土曜日、日曜日、1月1日、1月1日が日曜日の場合は1月2日
「日経平均株価」は株式会社日本経済新聞社(以下「日本経済新聞社」という)によって独自に開発された手法によって算出された著作物であり、日本経済新聞社は「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算出する手法に対して、著作権、知的財産権、その他一切の権利を有しています。「日経平均株価」を対象とする株価指数証拠金取引(以下「本件証拠金取引」という)に関するすべての事業、取引規制および実施は、専ら株式会社東京金融取引所(以下「金融取」という)およびその参加者の責任であり、それらについて日本経済新聞社は一切の義務ないし責任を負うものではありません。本件証拠金取引市場を運営するに当たり本件証拠金取引に必要となる「日経平均株価」採用銘柄の配当落ち分は、金融取の責任の下、算出及び公表しています。日本経済新聞社は「日経平均株価」の採用銘柄、算出方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利および公表を停止する権利を有しています。日本経済新聞社は「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延または中断に関して、責任を負うものではありません。