株式のリスク・費用などの重要事項

ETF・REIT

手数料など諸費用について

株式のお取引を行うにあたっては、売買手数料等の費用がかかります。
詳細はこちらをご確認ください。

株式の取引にかかるリスクについて

  • 価格変動リスク:株価の変動等により損失が生じるリスクがあります。
  • 発行体リスク:発行会社の倒産や財務状況の悪化等により株価が変動するリスクがあります。
  • 流動性リスク:市場の需給によって、売買が成立しない場合や予想される価格より著しく離れた価格で売買される可能性があります。
  • 新規公開株式の金融商品取引所への上場後は、株式相場の変動や当該発行会社等の信用状況に対応して価格が変動すること等により、損失が生じるリスクがあります。

ETFの取引にかかるリスクについて

  • 価格変動リスク:組み入れた有価証券の価格等が変動することによってETFの価格が変動するリスクがあります。
  • 発行体リスク:指数等に連動させるため、リンク債に対して投資を行う場合があります。この場合、リンク債の発行体の財務状況によりETFの価格が変動するリスクがあります。
  • 流動性リスク:市場の需給によって、売買が成立しない場合や予想される価格より著しく離れた価格で売買される可能性があります。
  • 乖離するリスク:市場の急変時や運用によっては、連動を目指す指数の動きから乖離するリスクがあります。
  • 上場廃止リスク:取引所が定める上場廃止基準に該当した場合等、上場廃止になることがあります。

ETNの取引にかかるリスクについて

  • 発行体リスク:裏付けとなる資産を保有せず、発行体となる金融機関の信用力を背景として発行される証券であるため、発行体の倒産や財務状況の悪化等の影響により、ETNの価格が下落する、または無価値となる可能性があります。
  • 価格変動リスク:連動対象となる株価指数等は、様々な経済情勢等の影響を受けて価値が下落する可能性があります。これによりETNの価格が下落し、投資元本を割り込む可能性があります。
  • 乖離するリスク:発行体の金融機関が、対象指標とETNの一証券あたりの償還価額が連動するよう保証しているため、運用に掛かる手数料分を除きトラッキングエラーは発生しません。しかしETNの市場価格は需給状況によって変動するため、ETNの一証券あたりの償還価額とETNの市場価格の値動きが一致しない場合もあります。
  • 流動性リスク:ETNの取引量や注文量が少ない場合には、株価指数等の市場実勢から見込まれる価格で売買ができないことがあります。
  • 上場廃止リスク:取引所が定める上場廃止基準に該当した場合等、上場廃止になることがあります。
  • 為替変動リスク・カントリーリスク:上場対象はJDR(有価証券信託受益証券)ですが、その信託財産となるETNは海外発行される証券であるため、為替の変動により損失を受けることがあります。また、発行国・地域における政治・経済情勢の変動、税制等諸制度の変更、天変地異等による償還価額の変動により、投資元本を割り込み損失が生じる恐れがあります。
  • 信託終了リスク:信託の継続が困難であると信託受託者が判断した場合、信託を終了する可能性があります。

REITの取引にかかるリスクについて

  • 価格変動リスク:不動産市況や景気動向の影響や、不動産等に係る法制度(税制、建築規制、会計制度等)の変更によって、REITが保有する不動産等の価格が上下したり、自然災害等の予測困難な事態により個々の不動産等の毀損・減失が生じたりすることがあります。
  • 収益性悪化リスク:賃貸料の低下、稼働率の低下、運用コストの増大等によって、収益性が悪化することがあります。
  • 発行体リスク:法人形態のREITは、運用状況によっては倒産する可能性があります。
  • 金利変動に関する留意点:金利上昇局面においては、他の金利商品との比較で売却されREITの価格が低下することがあります。また、資金の借入を行っている場合は金利負担の増大により収益性が悪化する可能性があります。